母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳が出ないと悩んでいるあなたへ|母乳不足の原因と今すぐ試して欲しい対策

 

みなさん、こんにちは(*^^*)

当サイトは、産後赤ちゃんに母乳をあげようと思っていたのに『母乳出ない…』という経験をしたママさんにアンケートを依頼し、その結果をまとめたサイトです。

 

約50名のママさんの母乳育児の体験談!!きっと新米ママさんや母乳育児に悩むあなたの知りたい情報がいっぱいつまっています☆

 

f:id:namakouso:20170902140842j:plain

 

私自身も試行錯誤しながら2人の子供を母乳で育てた経験があります。

そして母乳育児について研究しているうちに分かったこと2つがあります

 

1つは、赤ちゃんを産んだら自然と母乳が出ると信じているママが多く、産前からきちんと母乳育児について学んだりマッサージなどの準備をしているママが少ないということ。

 

2つ目は、母乳は正しい知識と努力で高い確率で増やすことが出来るのに(私自身も体験済み)正しい方法と努力を知らないママが多いということです。

 

助産師さんのお話や母乳育児に関する書籍を読んでもわかるように、母乳出ない原因はいくつかあります。つまり母乳を出すための解決策も複数あるということです。

 

 

さらに1つの対策でみるみる母乳が増えるママもいれば、複数の解消法を試して母乳育児に成功するお母さんもいます。

 

すぐに諦めるのではなく、自分に合った方法を探すことも大切です。

また赤ちゃんも生まれてうすぐに上手におっぱいが飲める子ばかりとは限りません。ママと赤ちゃんと一緒に繰り返して練習することで母乳育児は可能になり、親子の絆も深まっていきます。

 

 

私はママの笑顔が消えてしまうくらいならミルク育児賛成派ですが、ママが母乳育児を望むなら後悔はしてほしくありません。

このサイトがあなたの力になれると信じています(*^^*)

母乳が出ない状況を今すぐ打破したいあなたはこちらもご覧下さい☆

 

一人目は出ないと悩んだ母乳|ストレス解消すると二人目三人目は完全母乳に!

 

年齢:29歳、子供:1人目、産後:0ヶ月の体験談です。

(1人目で試行錯誤し、その後合わせて三人を完全母乳で育てたママの経験です)

 


妊婦健診などの時にもマッサージはしていただいていましたし、わずかですがにじんできていたので産後は問題なく出るものだろうと思っていました。


赤ちゃんが生まれた後も、初乳を飲ませ、赤ちゃんは一生懸命吸っていたので出ているものと信じて疑いませんでした。しかし、実際はほとんど出ておらず、数的ポタポタと落ちる程度で、赤ちゃんは必死に吸おうと努力してくれていただけでした。

 

f:id:namakouso:20170816144907j:plain


授乳室で授乳の仕方を受け、マッサージを受け、それでもほんのわずかに増える程度で、体重が全然増えてくれません。授乳室で一緒になったお母さまたちは、母乳が出すぎて困っているという方が多く、何で自分だけ出ないんだろうと悲しくてたまりませんでした。


そしてそれ以上に、母乳でお腹いっぱいにしてあげられない子供に申し訳なくてたまりませんでした。


母乳指導が厳しい産院だったため、昼夜問わずの頻回授乳でしたが、それでも全然増えず、退院時期が近くなると前日の体重より増えていなければ退院もさせられないと助産師さんより言われてしまいました。

 

子どもを家に連れ帰ってあげることもできないのかとまた自己嫌悪。

母乳が出ないというだけで、私の育児スタートはとても辛いものとなってしまいました。

 

 

母乳が出ないとあれこれ試したがストレスが一番よくないと気付いた

f:id:namakouso:20170816152624j:plain



 

産院で徹底的に仕込まれたマッサージや体操は毎日必ずやりました。
1週間に一度、産院の母乳相談というものに通い、母乳の量を図ってもらったり、授乳の回数をチェックしてもらい、母乳マッサージを受けるというものでした。

 

自宅においても、乳首が詰まっていては出るものも出ないと詰まっていないかを必ずチェックすることを忘れませんでした。


また、毎日朝と夜にシャワーを浴びていたのですが、温めながらマッサージをすることで、確かに多少母乳の量は増えたかと思います。助産師さんからのアドバイスで温めて血行を良くすることを意識してやっていたのですが、このやり方は私にとてもあっていたようで、授乳前に肩を回し胸のマッサージを簡単にやると、母乳の出がかなり違っていました。

 

サプリメントやハーブティーの力も借りました。
初めは何を飲んだらよいのかも分かりませんでしたので、インターネットで見かけた評判の良い母乳育児応援のハーブティーを定期購入し、毎日飲むお茶をそのハーブティーに変えて、時間があればたくさん飲みました。


水分は多くとったほうが良いと言われていましたので、ハーブティーをとにかく細目に摂取するようにしていました。


実際にこのことによって母乳の量が増えたかどうかはわかりませんが、継続は力なりということを信じて、子供が卒乳するまでこのハーブティーは続けていました。

 

食べ物に関しても、当然母乳を意識してのメニューです。
お餅や授乳期にはお勧めしないといわれたケーキやカレーなど、おっぱいが詰まりやすい=たくさん出るんだと信じて、毎日胸が張りやすい食べ物を食べました。


母乳の栄養としては良くないのだろうなと感じながらも、出ない母乳が少しでもよくなることを期待してしまっていたのだと思います。


母乳の出が悪いことで、色々な情報を調べていましたので、その中には当然の如く「母乳の栄養」の大切さを教えている方もいましたので、ただ量だけを求めるのはよくないというのもわかっていました。栄養素の高い食材も取り入れ、サプリメントの力も借りました。

 

実際にこの母乳のあげ方で正しかったのか、間違っていたのかはわかりませんが、この頃の私はとにかく母乳の量を何とか増やさなくてはととにかく必死だったのだと思います。


産院の助産師さんからは、母乳相談に行った際に「大丈夫。ちゃんと増えてきてるから。このまま母乳だけでがんばって」と毎回言われていましたので、母乳の量が実際に増え、赤ちゃんの体重もほんの少しずつですが増えていったことが、心の支えだったのだと思います。

 

f:id:namakouso:20170816145624j:plain

 

あの頃は必至すぎたのでもっとリラックスして心に余裕を持てればよかったなととても感じます。二人目、三人目と出産していますが、気持ちの問題でしょうか。
出産当初は同じような母乳量でしたが、何とかなる。どうしてもの時はミルクもあるという軽い気持ちで育児に臨めました。


その結果かはわかりませんが、ストレスはあまり感じず、母乳の量もマッサージを行うだけで大分増えてくれ、一人目であんなに悩んだ母乳でしたが三人とも完全母乳で育てることができました。

 

赤ちゃんを母乳で育てようと思った時の一番の大敵はストレスだったと思っています。