母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳が出ないと悩めば悩むほどおっぱいが減る…そんな時に重要なことって?

 

年齢:33歳、子供:1人目、産後:0ヶ月の体験談です。

 

母乳は赤ちゃんを産めば誰でも出ると思っていました。

いざ産んでみたら赤ちゃんも上手に飲めないからなのか体重が増えず、ミルクで対応することになりました。

 

f:id:namakouso:20170805173719j:plain

 

搾乳も上手く出来なくて段々母乳の出る量が少なくなって行きました。全く出なかった時もあって、入院中は他のお母さんと自分を比べて、『母乳が出ないなんて母親失格だな』とか、『赤ちゃんごめんね』とか思っては悲しい気持ちになっていました。

 

『ミルクで育てるより母乳の方がいいに決まっている』と義親の言葉に傷ついたりとか、気持ちは毎日マイナスで産後のホルモンバランスの崩れもあって毎日悲しくて泣いてばかりいました。

 

 

母乳不足になげく私に助産師さんが気づかせてくれた大切なこと!

f:id:namakouso:20170805174044j:plain

 

それで母乳を増やすために私が最初にしたことは、とにかく赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことでした。出なくても良いから、赤ちゃんも最初から上手に飲めるわけではないと思って、『一緒に頑張ろうね、上手だね』と言いながら3時間おきとかではなく、赤ちゃんが泣いたらあげるようにしていました。

 

後は、食事も気をつけていました。白米は母乳が出ると聞いたので、お茶碗2杯は毎食食べていました。野菜をたくさん食べて油物は減らして、健康的な食生活を心がけるようにしました。

 

でも1番気をつけたのは、私自身がリラックスすることを心がけました。

入院中助産師さんに、『おっぱいを赤ちゃんにどんどん吸ってもらったら、母乳は出るようになる。それでも出ない人だっているけど、ミルクで育てたって、大人になって母乳育児かミルク育児かなんて人に聞かないでしょ?母乳が出ないからって悲観的にならないで、あなた自身がリラックスして、赤ちゃんとの時間を楽しんで。』と言っていただいて、それまで母乳育児が絶対だと自分も周りも思っていたので、母乳育児の呪縛から溶けたような気持ちでした。

 

でも経済的な面でも、やっぱり母乳あげたい!って思った事もあったので、マッサージや食事、リラックスな空間づくりを心掛けました。

 

具体的には1ヶ月健診が無事に終わったら、友達に沢山家に来てもらいました。1ヶ月家にこもって家族としか合わない生活に疲れてたのかもしれません。(笑)

 

友達が来てくれると私も笑顔になるし、赤ちゃんも私が楽しい気持ちになれるのが分かるのかあんまり泣かず、その後にあげる母乳はとてもよく飲んでいたと思います。

 

母乳が出ないと泣いていた私でもなんとか母乳育児を続けることができました。

 

ひとつ後悔しているのが、臨月の時から乳首マッサージを指導されるのですが、痛くて痛くてほとんどやっていませんでした。もう少し頑張ってやっても良かったのかなって思います。