母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

里帰りから戻ると急に母乳が出ない状態に…3か月頃に挫折しミルク育児に

 

年齢:24歳、子供:1人目、産後2ヶ月の体験談です。

 

初めての育児だった事もあって、母乳出ないだけで「母親として失格」と言われているようなとても悲しい気分になったことを今でもハッキリ覚えています。

 

f:id:namakouso:20170808034106j:plain

 

母乳が足りず空腹で泣いている子供の傍で、一緒に涙ぐんでしまった事も何度かありました。長女は冬生まれだったので、特に夜中の授乳の時は寒さと眠気と孤独感が酷く辛かったです。

 

子育てをするのが私の仕事と思っていたので、周囲に助けを求めなかった事も良くなかったと思います。一人で抱え込み、ストレスと不安に押しつぶされていました。もう少し肩の力を抜いてリラックス出来ていれば違っていたのではないかなと感じます。

 

 

祖母の教えで順調だった母乳が自宅に戻ったら出ないなんて…

f:id:namakouso:20170808034239j:plain

 

母乳をたくさん出すためには、とにかく水分と炭水化物(糖分)が大事だと祖母に教わりました


出産後1か月は実家で生活していたので、祖母が気を使って暖かいお茶やおはぎ、お餅などを良く出してくれました。

 

実際、おはぎやお餅を食べた後ってものすごく胸が張ってくるのが実感できました。
昔の人の知恵って、理にかなっているのだなぁと思いました。

 

実家で暮らしていた1か月間は赤ちゃんが飲む量もそんなに多くはなかったので、母乳の量はむしろ出すぎて余ってしまうくらいでした。私自身も、今後の母乳育児も楽勝!と思っていました。


ところが2か月目に入り実家から自宅へ戻ると、急激に母乳の量が減ってしまいミルクを足さないと足りず赤ちゃんが泣き続ける毎日になってしまいました。

 

炭水化物も水分もしっかり摂るよう心がけて、吸わせ続ければ出るという看護士さんの指導の言葉を信じて頑張りました。


うちの子は一度寝るとなかなか起きなかったので、授乳の必要がない時間に胸が張ってきた場合は吸わせる代わりに搾乳をしました。

 

ただ、自宅には日中誰も居ない日が多く、食事の支度も子供の世話も全て自分でこなさなければいけませんでした。


2ヶ月の赤ちゃんを抱えて一人で食材を買いに行くのも大変なので、食事の内容は実家で過ごしていた時のように身体に配慮したものを用意するのが難しかったです。

 

吸わせ続ける事で一定の時間に胸が張る感覚は続いていたのですが、母乳の量は思ったように増えず足りなくなる一方で…結局3か月ほどで私の心が折れてしまい、母乳を諦めてミルクのみでの育児に切り替えてしまいました。

 

母乳が出ない状況が辛くてすぐに諦めてしまったけれど…今感じること

f:id:namakouso:20170808035206j:plain

 

私の場合は早い段階で諦めてしまいましたが、今思えばもう少し根気よく続けてみれば良かったかなと感じます。

 

赤ちゃんのお世話と家事は忙しかったですが、赤ちゃんのお昼寝の時間を使っておかずの作り置きをしたり、食材の買い出しは週末に赤ちゃんをお願いしてまとめて買いに出かけるなどもう少し工夫はできたかな?と思います。

 

何より周りを頼らなかったことで一人で勝手にストレスを溜めていました。

 

また後から周りの友人に聞いた話だと、みんなハーブティーや母乳サプリを試していて効果抜群だったそうです。私ももう少し情報収集したり、母乳サプリを試したりすれば良かったです。