母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳が出ない私でも完全母乳育児が可能になったとっておきの3つの方法

 

年齢:40歳、子供:1人目、産後0ヶ月の体験談です。

 

母乳育児推進の病院での出産だったので、入院中、母乳出ないことに対して、責められているような気持ちになり、本当につらかったです。ミルクをあげたら負けというような雰囲気のなか、ストレスも溜まっていたと思います。

 

f:id:namakouso:20170809143942j:plain

 

また授乳についての予備知識がなかったので、想定外のおっぱいの痛みに、とても驚き戸惑いました。何度も、もう、ミルクにしてしまおうと思いました。

 

また、何を読んでも、産まれたての赤ちゃんには3時間に1回の授乳が必要です。と、書いてありましたが、3時間に1回では、じゃんじゃんおっぱい出るようにならないじゃないか!と、思いました。たくさん出すには、もっともっと頻回に授乳の必要があると、だいぶ経ってから分かったのです。

 

 

母乳が出ない私が完母になれたのは頻回授乳とごぼう茶・乳首の保湿!

f:id:namakouso:20170809144142j:plain

 

自分が思っているより、もっともっと頻繁に授乳をしないと、出る母乳の量は増えないんだと、途中でわかってきました。


ネットで授乳について調べまくって、赤ちゃんが乳首を刺激した分だけ、母親の脳に、もっと母乳を出せという指令が出る。というような記事に出会えたからです。

 

その後は、一般に言われている3時間に1回どころではなく、1時間に3回くらい、出ているのか出ていないのかわからないおっぱいを、口にくわえさせていました。

 

そうすると、今までにはなかった、良い張りが出てきて、赤ちゃんが泣き出すまでの間隔も、だんだん長くなってきました。そこで、おっぱいを出すって、こうしなければいけなかったんだと、やっとわかったのです。

 


ほかには、水分をたくさんとることも意識していました。水分にもいろいろありますが、体を冷やすのは授乳によくないので、温かくて、カフェインの入っていないものを探しました。

 

温かい麦茶も良かったですが、体の「詰まり」を取るという、ごぼう茶をよく飲んでいました。授乳中に、ちょっと油断して、油ものなどを取りすぎてしまい、おっぱいが詰まり気味になってしまったとき、ごぼう茶を飲むことで、完全に詰まってしまうことを回避できていたと思います。普通のスーパーでも売っているので、授乳中の飲み物として、とても役に立ちました。

 

また、産後すぐの授乳は、乳首にできる傷の痛みのせいで、頻回な授乳が大事とわかっていても、ちょっと授乳間隔を開けたいな。と、思ってしまうこともありました。

 

痛みを抑えて、傷を早く治すためには、保湿が必要。ということで、赤ちゃんにおっぱいをあげていない時間は、入院していた病院で勧められた、メデラ社のピュアレーンというクリームを塗って、ラップを貼って保湿していました。

 

こうすることによって、痛みの苦痛も少し和らぎ、頻回の授乳にも耐えることができ、最終的には完全母乳で赤ちゃんを育てることができました。

 

 

母乳が出ない時に焦らないように事前準備は必要だと痛感

f:id:namakouso:20170809144612j:plain

出産の痛みについては覚悟できていましたが、授乳の痛みがあんなに大変だなんて、全く知りませんでした。予想していなかっただけに、いつまで痛いのか予想もつかず、先が見えないことが一番つらかったです。


病院で前もって教えてもらっていたおっぱいマッサージに関しても、妊娠中にやってはみましたが、あっているのかあっていないのかはわからず・・・。


経験者の人の話を聞いたりして、前もって予習して、具体的にいろいろ知っておけばよかったなと思っています。


また、私の出産した病院が、母乳第一!ミルクは負け!というような、母乳育児超推進病院だったので、入院中が本当につらかったです・・・。それでなくても、産後のハートが弱っている時期に、母乳母乳と言われて。早く退院したかったことを覚えています。


退院したあとも、ミルクをあげるのが負けなような気がしてしまい、赤ちゃんがお腹すいてるんだろうなと思うときも、なかなかミルクをあげられませんでした。


何の意地かわかりませんが、産後は、自分でも考えられないほど、思考が偏ってしまっていたので、もっと柔軟にミルクを足せばよかったと思っています。


実際、次の子の授乳は、本当にうまくいきました。もちろん、1人目より、2人目の時の方が、おっぱいの通路もできていて、状態がいいというのもありますが、気持ちが全然違いました。つまりストレスがなかったことが大きいと思います。


母乳が軌道に乗るまで、大変なことばかりですが、母乳を飲んでいる姿は、本当に可愛らしく、大変だった全てを忘れさせてくれるほどです。


実は、私は、1人目のとき、結局母乳はたくさん出るようになったのですが、夜中に何度も起こされることに参ってしまい、1歳になるくらいで断乳してしまいました。

 

これは、後悔しているので、2人目に授乳している今は、娘が「ママ、もう、わたしおっぱいいらないわ」と、自分で言うまであげ続けようと、眠い目をこすりながら、毎日、頑張っています。