母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

産院の指導と知識不足で母乳が出ない状態に…桶谷式に通い完母に戻した方法

 

年齢:34歳、子供:1人目、産後:0ヶ月の体験談です。

 

産前から少し母乳が漏れており、産後は絶対に完母でいこうと思っていたので、産後しばらくたっても全くおっぱいが張らずに母乳があまり出ないのはとてもショックでした。

 

f:id:namakouso:20170811062929j:plain

 

原因は産院の方針にあり、産前から血圧があがってしまっていた私は母体の体力を消耗することと降圧剤の赤ちゃんへの影響を考慮し、母乳をしばらくは一分以上あげるなと言われていました。

 

このせいで母乳が出なくなってしまったのだと知ったときは本当にショックでしたし、それまで感謝の気持ちでいっぱいだった産院への気持ちが正反対のものへ、不信感でいっぱいに変わってしまいました。

 

母体の状況や降圧剤が赤ちゃんに与える影響も心配ですが、母乳についても事前に説明して欲しかったという思いでいっぱいです。

 

 

桶谷式の乳頭マッサージとミルクの減量・頻回授乳で完全母乳育児に成功

f:id:namakouso:20170811185710j:plain

 

近所にとても有名な桶谷式マッサージの助産院があり、そこに通うことから始めました。助産師さんには本来出るはずのおっぱいが出なくなってしまって勿体無いと言われ、また私自身の知識不足も理由の一つであると諭されました。母になって初めてのダメ出しは相当に応えました。


桶谷式では固く飲みづらい形状になってしまった乳頭をほぐすためのマッサージをします。マッサージの最中、ほとんど出ないと思っていた私のおっぱいから母乳が大量に吹き出していたのには驚かされました。

 


このマッサージと並行して、ミルクを減らし頻回授乳を行うようにしました。

当時は3時間毎に100ミリ与えていましたが、これを一気に6時間毎、40ミリまで減らすことになりました。

 

最初はお腹が空いて赤ちゃんが泣いてしまうとの先生の言葉にかなり気が滅入りましたが、母乳の出はじきによくなり赤ちゃんもさほどミルクをほしがらないようになっていきました。


結局、桶谷式のマッサージには五回ほど通いましたが、予約ができないために毎回五時間ほど待たされること、保険が適用されないために一回4000円ほどかかってしまうことの二つがネックとなり、じきに足が遠のいてしまいました。

 

こちらの助産院に通い続ければ、断乳時のおっぱいの張りなども対応してもらえるとのことでしたが、そこまで通うのはかなり気力がいることだと感じました。


頻回授乳はその後も続けるようにし、離乳食が始まる頃にはほぼ完母の状態になっていました。生後七ヶ月のときに友人の結婚式に出席するため、赤ちゃんと半日離れて過ごしたのですが、強烈な胸の張りを感じることになり、痛いながらも嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 

母乳が出ないところから完母になったけど反省していることも…

f:id:namakouso:20170811190613j:plain

 

産後に母乳を与えなかったことに加え、非常に後悔していることが授乳を開始してから一ヶ月ほど常に右のおっぱいからあげるようにしていたことです。やはり最初にあげるおっぱいのほうがたくさん飲んでもらえますから、母乳の出も全然違ってきます。

 

私は一歳半まで結局母乳を与えていましたが、その時までずっと左右の母乳の出方の差は残りました。そして卒乳した後も左右の胸の大きさの差は残ったままです。


次に授乳の機会があればやはり最初に無理をしてでも頻回授乳をし、完母をめざしたいと思います。一方で授乳が終わってしまえばあんなに悩んだことも嘘のように感じますので、もし完母にならなくてもあまり気にせず、赤ちゃんが元気であることだけを願っていけるのではとも思います。