母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

2人目で母乳が出なくなった時を食生活とマッサージで乗り越えた方法

 

年齢:42歳、子供:2人目、産後:5ヶ月の体験談です。

 

一人目の子供である長女の時は母乳が出すぎてしまい洋服から漏れたりお風呂で体が温まると母乳が出てしまうような状態でした。

 

f:id:namakouso:20170803051623j:plain

 

だから二人目の子供である長男の時に母乳の出が悪くなってしまった時は原因がわからずかなり悲しくなりました。ほぼ母乳で育てていたのでこのまま母乳出ないままだったら、どうしようと不安になりました。

 

このまま何もしなかったらどんどん母乳が出なくなってしまうと思ったので少しずつミルクを慣らしてあげようと思いましたが、ほぼ飲んでくれなかったのです。このままではいけないと思い母乳が出やすくなる対処法を考え実行することにしました。

 

 

母乳が出ない時をレバーやシジミ・海藻類の多い食事にして乗り越えた

f:id:namakouso:20170812131613j:plain

 

育児書に載っていたおっぱいマッサージをお風呂に浸かりながらゆっくりと行い血行を良くして母乳の出が良くなるようにしたりしました。

 

元々貧血気味だったので母乳を作る成分が足りていないのかもと思ったので週に数回は鶏のレバーでレバニラを作ったり醤油と酒で炒めて食べるようにしていました。

 

元々レバーは大好きだったのでよく食べていましたが、この時は貧血予防のためと母乳の元である血液を作るためにも鶏のレバーは買い物に行くたびに買ってくるようにしました。

 

そして母乳のためだと思い家族が好きな味付けでレバー料理を作るのではなく自分の好みの味のレバー料理にしてできるだけたくさん食べるようにしていました。

 

他にも母乳の出が良くなると言われているシジミはお味噌汁にして頻繁に飲んだり、ヒジキや昆布などの海藻類は積極的に良く食べるようにしました。

 

鶏のレバーのおかずとシジミの味噌汁を食べ続けていたら、母乳の出が悪かった時よりもおっぱいが張るようになり母乳の量が増えていきました。

 

どの食べ物にどのくらいの効果があったのかはわかりませんがシジミと鶏のレバー、ヒジキや昆布などの海藻類は本当によく食べたのでこれらの食べ物は母乳の出を良くするためには効果があったと思っています。

 

また母乳が出づらく、詰まったりしないようにできる限りはケーキや糖分が多い甘いものは食べないようにしていました。

 

お風呂でおっぱいマッサージを行うと血行が良くなっているので確かにお風呂上りにはだいぶ母乳が良く出るようになったと感じました。母乳不足で泣くことが多かった長男もだんだんと泣くことが少なくなりました。

 

 

母乳は増えたけどもっと早く母乳が出ない状況から脱出できたかも?

f:id:namakouso:20170812131052j:plain

 

行こうかどうか迷って結局行きませんでしたがおっぱいマッサージや出産した産婦人科で行っていた母乳相談には悩んでいるくらいなら行けばよかったかなと後悔しました。

 

長女のお世話もしなければいけなかったので、なんとかして自宅で出来る方法をと思っていましたが、産婦人科での母乳相談であればもっと有効な方法や発見があったのかもしれません。