母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳が出ないのは愛情不足なのかと悩んだ私が母乳外来に行って変化した話

 

年齢:35歳、子供:1人目、産後:0ヶ月の体験談です。 

 

私は当時とにかく自分を責めていました。どうして母乳が出ないのか、母乳が出ないことは愛情不足なのかと、とにかく自分が悪いから母乳が出ないんだと決めつけていました。

 

f:id:namakouso:20170811040305j:plain

 

周りから「母乳?完母?」と聞かれるたびに、嫌な気分になっていました。母子手帳の栄養法のところで、「人工乳」にチェックを入れるのも嫌だと思い、とにかく母乳育児にこだわっていました。

 

また、周りに沢山母乳が出ているママ友がいると、とても羨ましい気持ちでいっぱいでした。どうして自分は母乳出ないんだろう、あの人と何が違うんだろうと、悩んでばかりの日々でした。

 

 

たんぽぽコーヒーと母乳外来・搾乳で母乳が出ないを卒業!

f:id:namakouso:20170812214219j:plain

 

母乳が良く出るようになると言われているたんぽぽコーヒーを、沢山飲みました。コーヒーが好きだったこともあったので、違和感なく飲むことができました。

 

お茶代わりに水筒に入れて、外出先でもいつでも飲めるようにしていました。リフレッシュ効果もあり、体にもいいものではありましたが、実際出る母乳の量が増えたかどうかは、実感はありませんでした。

 

次にしたことは、母乳外来へ行きました。子供が吸う力が弱く、母乳を上手に飲むことができなかったので効果的な母乳の飲ませ方や方法を、教えてもらいに行きました。


子供が吸いやすく、母親も楽な姿勢などを教えてもらいました。実際、実践することによって、少し出る母乳が増えたなと感じました。


また、乳首を咥えずらい子供のために器具を使うことを教えてもらいしばらくは使いました。毎回消毒しないといけないので、産後の体ではつらかったですけど、母乳がしっかり吸える力がつくまで使いました。実際、子供が飲める量が増えたと感じました。

 

同時に、搾乳をしていました。子供が上手に吸う力がなかったので、搾乳して分泌量を増やす作戦です。


母乳は乳児が吸えば吸うほど出るようになるから、頻回授乳が必要だと知りました。しかし1回に飲める量が極端に少ない子供では、どうしても増えてこなかったので搾乳機を使って、授乳とは別に定期的に搾乳しました。


搾乳することによって、どれくらい出ているのか目に見えてわかるので納得することが出来ました。少しずつではありますが、母乳が増えているなと感じました。

 

 

少しずつ母乳不足は解消されたが笑顔で育児すること忘れていた

f:id:namakouso:20170803172956j:plain

 

妊娠期間中、切迫気味だったこともあり母乳マッサージがなかなかできませんでした。
安定期に入ってからも、あまり真面目に母乳マッサージしなかったのでもう少し丁寧にすればよかったなと思いました。

 

また、あまり母乳出ないことに悩みすぎなければよかったなと思いました。ついつい母乳にこだわりすぎて、ミルクを飲ませることが悪いことのように思ってしまいました。

 

そして母乳が出ない自分を責めたりしました。その結果、自分がストレスを感じすぎて、母乳の分泌量に影響があったようにも思います。

 

母乳が出ないことが愛情不足とイコールになるわけでないし、子供が極端に体が弱くなるわけでもないので、考えすぎだったなと思います。

 

ミルクをうまく使いながら、もっと子供のとのスキンシップを楽しみ、母乳が出ない・・・と落ち込むよりも、笑顔で過ごせばよかったなと思いました。

 

この時期は本当に辛く、赤ちゃんとの会話もないので、ついつい暗い顔ばかり見せてしまっていたと思います。