母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳が出ないはずがない…姑からプレッシャーでノイローゼ気味になった私の解決法

 

年齢:38才、子供:1人目、産後:0~2ヶ月の体験談です。 

 

赤ちゃんが生まれたら母乳が出るのが当たり前だと思っていたのに、生まれてすぐ出ず、一か月たっても、二か月たっても出ないので、焦りと不安でいっぱいでした。

 

子供はおなかがすいてギャーギャー泣き、姑からは母乳が出ないはずはないとプレッシャーをかけられ、母親失格のような本当にどん底の気持ちでした。

 

f:id:namakouso:20170815040735j:plain

 

実母は完全ミルクで私を育てたので、母乳育児に関心がそれほどなく、「母乳が出ないならミルクをあげなさい。」と簡単に言われ、姑と実母の真逆の意見に戸惑うばかりでした。

 

毎日24時間「母乳」の事を考えていると、次第にノイローゼ気味になり赤ちゃんを可愛いと思えなくなるほど追い詰められました。

 

 

とにかく授乳回数を増やすも効果なく睡眠不足を解消すると…

f:id:namakouso:20170815041300j:plain

 

とにかく、赤ちゃんに母乳を吸わせる。置いて泣くなら、5分おきにでも抱っこして吸わせる。そして、ミルクを与えない。これは、助産師さんからアドバイスされた一番の方法です。

 

赤ちゃんは、満腹になったら吸ってくれないし、お母さんは、赤ちゃんに吸ってもらうことで母乳が出るといわれました。結果はというと、出ないものは、出ない!赤ちゃんは空腹で泣きまくるし、私は寝れずにフラフラでお互いにとって辛いものがありました。

 

再び助産師さんに相談したところ、マッサージと搾乳で母乳の道を作ってあげたらよい。と言われたので、さっそくせっせとマッサージし、哺乳瓶を持って手で搾乳を始めました。

 

でも、朝から晩までおっぱいを絞っても10ml採れるくらいでした。この時、おっぱいが張るという感覚は全く得られませんでした。

 

私が出産する少し前に義理姉が出産したので、相談してみると「睡眠を取るとおっぱいが張るよ」と教えてくれたので、ゆっくり睡眠を取ることを心がけました。

 

私が睡眠を取るには、まず赤ちゃんに寝てもらわなければなりません。仕方なく夜は少しミルクをあげて寝させ、私は体を休ますことにしました。

 

すると、何日かぶりに深い眠りに落ちた後、おっぱいがかんかんに張って痛くて目が覚めたのです。こんな体験は初めてで、これがおっぱいが張るという事なんだと実感しました。

 

そしてそーっと赤ちゃんを起こして、念のため授乳前の体重を量り、母乳を飲ませてみると、なんとごくごくと音をたてて飲み始めました。そして授乳後体重を量ってみると、なんと100グラムも増えていたのです!

 

今まで、1グラムも増えなかった体重計が信じられなくて、夜中にも関わらず何度も何度も体重計に乗せ、最後に写真まで撮りました。その時の気持ちは今でも忘れられません。そしてその日から少しずつ母乳が出るようになりました。

 

 

食事にも気を付けたが母乳が出ないことからストレス過多になっていた

f:id:namakouso:20170808114901j:plain

 

食べ物は、お米や野菜を中心にして、おもちやケーキはなるべく避けるように心がけました。しかしどうせ母乳出ないのにこだわる必要があるのか?と、半ばやけくそな気持ちになってイライラしていた時もあります。

 

食べ物にこだわりすぎてストレスをため込むようなら、たまには何も考えず好きなものを食べて、ストレス発散した方がよっぽど体に良かったと思います。

 

実は2人目を出産した時も、なかなか母乳が出ず、助産師さんに相談したら「母乳が出にくい体質ってあるから、気にしないで、上手くミルクを使って育児を楽しんでね」と言われました。その言葉で私は、母乳が出なくても母親として認めてもらえるんだ。出なくても仕方ないんだとすごく楽になりました。

 

二人とも結局はミルクと混合で育てたのですが、元気にすくすく成長しています。今思うと、「完全母乳」にこだわらず、もっと赤ちゃん時代の育児を楽しめばよかったなと少し後悔しています。