母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳が出ない時は体と心の両方を整える生活で母乳量を復活させよう!

 

年齢:34才、子供:1人目、産後:1ヶ月の体験談です。 

 

産後1週間ほどは赤ちゃんに吸わせるのがうまくなかったせいか哺乳量が少なく、毎回授乳後にミルクを足していました。けれど、だんだん飲ませ方にも慣れてきて母乳量も増えてきて、ミルクを足さなくても良くなってきました。

 

f:id:namakouso:20170816152624j:plain

 

完全母乳で育てたかったわけではありませんでしたが、赤ちゃんがゴクゴクと母乳を飲んでくれる姿はとても愛おしく思いました。

 

それなのに、産後1ヶ月ごろに赤ちゃんの哺乳量が増えたせいか、母乳出ない時間帯が出てきて、授乳後なのにすぐ泣きだすようになり、なんだか赤ちゃんに申し訳ない気持ちになりました。

 

赤ちゃんをお腹いっぱいにさせてあげることができないのは悲しく、また最初がうまくいっただけにどうしようと焦った気持ちでいっぱいになりました。

 

 

体と心の両面を整えたら見事に母乳が出ない時間帯を打破できた

f:id:namakouso:20170816153114j:plain


解決するために自分の体と心を整えることを中心に生活しました。
母乳の成分のほとんどは水分だそうなので、一日1.5〜2リットルくらいの水分をとりました。食事はごはん(白米)を毎食2膳以上食べました。


病院では「食べ物が母乳に影響を与えるという科学的な根拠はない」とのことだったので、特定の食べ物をたくさん食べるということはしませんでしたが、油のとりすぎは母乳が詰まりやすいという情報はネット上にたくさん出ていたので、和食を中心にこってりした料理は控えました

 


心の面では、初めての育児に少しプレッシャーを感じていて、「私が一人できちんと育てなきゃ」という気持ちを緩め、赤ちゃんが泣きやまない時や自分が睡眠不足になっている時は実母に赤ちゃんを抱っこしてもらったりして頼るようになりました。


そうすると、母乳出ないことを深く悩まなくなり、授乳後にミルクを足すことにも抵抗がなくなりました。

 


そしてネットで調べたマッサージをしながら1週間ほど様子をみていたら、だんだんミルクを足さなくてもよくなり、産後2ヶ月半の今では夜中に搾乳しないとパンパンに張ってしまうくらいに母乳が出るようになっています。


母乳が出るようになる特効薬的な方法はないように感じますが、ハメを外して脂っこいものを食べたりせず、育児以外の家事は手を抜いて赤ちゃんと一緒に昼寝したり、自分一人だけの時間を作ってストレス発散したりしながら、気楽に過ごすことが赤ちゃんとママの両方にとってよいことだと思います。

 

 

母乳が出なくても授乳時間と授乳間隔には注意した方が良い!

 

f:id:namakouso:20170805235000j:plain


母乳出ないからといって授乳時間を5分ほどで切り上げたり、母乳が溜まってくる感じがするまで数時間赤ちゃんに吸わせずにいたりしたことがありました。

 

でもたとえ出なくても赤ちゃんに吸わせる回数や時間を長めにとった方がよかったかもしれません。そうすることによって、母乳を分泌するホルモンが出やすくなると聞いたからです。

 

私は結果的に食生活と水分、またストレスを溜めずリフレッシュしたり、昼寝をしたりと様々な角度から生活を改善することが出来ました。正直どれが一番効果的だったのかは分かりませんが、色々と試したことで相乗効果があったのかもしれません。

 

だからもし私が母乳が出ないと悩んでいるママにアドバイスをするとしたら、食事でもストレス解消でもマッサージでも昼寝でもどれでも良いので、出来る事から始めたら良いと思います。出来る時に出来ることをやる、それが母乳を増やすことにつながると思いました。