母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

帝王切開後必死に授乳するも母乳が出ない…解決法は食生活と水分でした

 

年齢:36歳、子供:1人目、産後:0~3ヶ月の体験談です。

子供が小さい時、もう17年ほど前の36歳当時の話です。

 

帝王切開で入院するのが長く、看護師さんからいろいろとアドバイスをいただいていました。体が自由に動いたのが5日目でそれまでは子供を抱くまでに痙攣したように腹部が痛んでがくがくしながら授乳をしました。


普通に出産できなかったのだから何とか今回はと思い力が入りました。
「母乳で育てなさい。そのほうが子供にもいいのよ。」この言葉は希望でもありプレッシャーでもありました

 

f:id:namakouso:20170807132000j:plain


授乳中に子供が泣きます。「足らないのかしら。」と看護師さんが体重計に子供を乗せてみると飲む前と比べて変わらないのです。母乳はいくら飲んだか子供の体重を測るしかわかりません。


出ているという感覚がつかめませんでした。自分の思うように母乳出ないのです。
子どもは日に日に大きくなるのでその分量が必要になります。一日中泣いているのではないかと気になりました。


このまま母乳が足りなかったらどうしょう。
ミルクで育てるのは悪いことじゃない。
でもお母さんとしてできるだけのことはしてあげたいのに、このままではできないかもしれないと悩みました。


退院するまでの二週間で完全に母乳にできずに家へと帰りました。
哺乳瓶の用意や消毒、ミルクの種類を考えているうちに情けないと思いました
その時に必ず母乳だけで育てると心に決めました。

 

 

魚と野菜・水分を意識して摂取すると母乳が出始めました!

f:id:namakouso:20170831062625j:plain



私の実家は遠く離れていたので自分で何とか育てるしかありませんでした。
自分の考えでできるのはいいのですが一か月の安静期に子供のお湯から御飯の支度や家事まで、全部をしなければなりませんでした。


買い物もできずに主人に頼めるものだけの材料で何とかするのですが男の人には難しかったようです。特に買い物をすることに抵抗があったために食べることに苦労しました。簡単に餅や自然薯、惣菜で賄っていたのです。母乳を出すには条件が良くありませんでした。


主人が理解できるようになるのと自分が買い物に出かけられるようになるにはほとんど変わりはありませんでした。そこから魚や野菜、豆腐などの脂っこくない食材を購入してたくさん水分を取りました。


動物性たんぱく質の脂っこいものより魚のたんぱく質のほうが母乳には良いのです。
野菜は特に母乳が出ます。一か月半くらいから母乳が出ていることがわかるようになりました。乳房の血管が青く太くなり固く張るのです。子どもが吸うとザーッと音が聞こえてきそうな感じがしてすっとするのです。


しかし夕方になるとまだ足りなくて泣きだしました。お白湯やジュースは与えていませんでした。母乳を飲まなくなると出なくなるからです。病院からもそのようにアドバイスを受けていました。


完全に出るようになるまでは脂っこいものは控えて淡泊なものを取りました。
一日2リットル以上の水を飲んでいました。昼頃には一気に一リットルを飲むこともあり、自分でもびっくりしました。


母乳は血液と同じと聞いていました。その意味が分かることがあったのです。
植物性のたんぱく質ならいいだろうと豆乳を始めました。1リットルのパックを買って毎日飲みました。


始めは体にいいものだから子供にも良いのだと思い続けていましたが、ある日子供が嫌そう表情をしました。不本意に飲んでいるという感じでしょうか。

 

そのうち乳房が固くなって青く血管が浮き出ました。
これは何だろうと思っているとカチカチに固くなり母乳出ないのです。

 

針で刺したような痛みがあり、乳房が重く痛いのです。すぐに急患で診てもらうと乳腺炎でした。

 

豆乳は大豆で体にはいいのですが授乳中には良くないのです。
どろっとしたものは例えば肉の油だとかクリーム、シチューの濃いものなどと同じように血液をドロドロにするのです


結果、乳房の血管を詰まらせてしまい、マッサージで何とか古く腐った母乳を絞りだすことができました。薬を出されたのでしばらくの間は子供に母乳を与えないように言われて帰りました。間違った方法ではだめだと反省してもう一度頑張ろうと心に決め、ミルクを飲む子供に謝りました。


力を抜いたのが良かったのかしばらくした後にミルクは必要がなくなりました。何とかしようという気持ちでいっぱいになり焦っていたのでしょう。結局は何とかなるとリラックスする時に自分の体が答えてくれるのでした。



振り返ると、産後に母乳に良い物を食べていなかったので最初からもっと工夫するべきでした。宅配の食事も利用すれば苦労しなくても良かったと思います。

 

また孫が生まれましたが、最近では母乳用のサプリメントもあるそうです。こういった便利な物を利用できる今の時代はいいですね。


私ももっと子供と一緒に頑張ろうという余裕があったらまた違ったものになっていたでしょう。