母乳が出ない体験談まとめ!月齢別の原因から見えた解消法

母乳育児をしたいのに出産後「母乳が出ない」そんな経験をしたママのリアルな声を集めました。体験談から分かった母乳不足になる原因と対策・解消法とは?混合栄養から完全母乳に成功したママの解決策も紹介しています。最初は母乳が出なくても大丈夫!ひとりで悩まないで!

母乳育児を推奨・知識のある病院で産めば母乳が出ないと悩まなかったかも!?

 

年齢:30歳、子供:1人目、産後:0ヶ月の体験談です。

 

 初めての子どもで、どのように母乳を与えたらいいのかまったくわかりませんでした。病院ではそれほど細かい指導はしてくれなかったので、とりあえず母が抱き方を教えてくれたので、なんとか形だけでもやってみました。

 

 看護師さんに母乳マッサージはやったことがあるか聞かれたので、育児の本に書いてあるのは見たことがあるので、こんな感じでやっていますと見せると、そのまま続けるように言われました。

 

f:id:namakouso:20170816152624j:plain


 私はちゃんと母乳を飲ませているつもりでしたし、子どもも一生懸命飲んでくれようとしていたので、少しくらい痛くても我慢してあげ続けました。搾乳すればそれなりに出るので、きちんと飲んでくれていると思っていました。


 でもあまり体重が増えないので病院に連れて行くと、ほとんど母乳が出ていないようだからここでしっかり飲ませていきなさいといわれました。

 

 なんとか飲んでもらおうとしたのですが、1時間もすると疲れて眠ってしまって、ほとんど飲んでくれませんでした。病院からはこのまま母乳出ないで体重も増えないようならミルクを足しなさいといわれました。


 絶対母乳で育てたいと思っていたのに、ミルクを足さなければいけないなんて、私は母親失格なのではないかとひどく落ち込んで、涙が止まりませんでした。

 

 

看護師の姉のマッサージで出ないと思っていた母乳が驚くほど出た…!

f:id:namakouso:20170812124554j:plain

 

 

 泣きながら病院から帰ると、看護師をしている姉が母乳マッサージも習ったことがあったので、試しにやってくれました。とても痛くて泣きそうになりましたが、姉は「こんなに固くなってしまっていたら母乳は出ないよ。しっかりマッサージすれば、ちゃんと出るようになるから頑張って」と言って、マッサージを続けてくれました。


 やっとマッサージが終わると、びっくりするほど母乳が出るようになって、体重もどんどん増えていきました。母乳パットを当てておかないと母乳が漏れてしまうほど、しっかりと出るようになりました。


 これでもう一安心と思っていた時、今度は乳腺炎になってしまいました。高熱が出て、乳房がパンパンに腫れて痛くて痛くてたまりませんでした。病院で母乳マッサージをしている助産師さんを紹介してもらって、それから卒乳するまで1年間、落ち着くまでは週1回、落ち着いてからは月に1回マッサージに通いました。


 マッサージはとにかく痛かったです。乳房が石のように固くなってしまって、それを無理やりほぐしていくような感じだったので、毎回涙をこらえて頑張りました。


 それから毎回同じ角度で授乳をしていると、乳腺が詰まってしまって乳腺炎になると言われました。授乳の際に横抱きだけではなくて、縦に抱っこした状態であげてみたり、脇に抱えるようにしてあげてみたりと、いろいろ体制を変えて、乳首をくわえる角度を色々変えてみるように言われました。


 そういわれても難しいので悩んでいると、母が腰にはめるような形をした授乳クッションを買ってくれました。このクッションがあれば、クッションの向きを変えてその上に子どもを乗せれば簡単に角度を変えて授乳できますし、腕も疲れにくいので、とても重宝しました。


 それから油っぽい食べ物は詰まりやすくなるのでできるだけ避け、和食を中心の薄味の食事を取るように言われました。母親が食べた食べ物が母乳の味にも影響するので、赤ちゃんは母乳から色々な味を覚えていくのだといわれました。


 妊娠中は体重の増加、塩分制限を厳しく注意されていたので、出産後はいままで我慢していた甘いものや、油っぽいものなどをたくさん食べてしまったので、それも乳腺炎になった原因の一つだったようです。


 母乳の出を良くして、子どもが健康に育ってくれるように、注意を受けてからはできるだけ油モノは避けて、お魚や野菜をたくさんとるようにしました。おかげで発育は順調で、その後の検診ではまったく問題なく、元気に成長してくれました。

 

 出産した病院が、母乳育児に対してあまり熱心ではなかったので、看護師さんに相談しても飲ませればそのうち母乳は出るようになるとしか言われませんでした。もっと早くきちんとした母乳マッサージを受けていれば、こんなに苦労しなかったのではないかと思います。


 ちなみに二人目を出産した病院では、希望すればいつでも助産師さんの母乳マッサージを受けることができ、とても優しくマッサージしてくれて全く痛みはありませんでした。それでもきちんと母乳が出たので、きちんと知識のある人がいる病院を選ぶことも大事だと思いました。